« ラテのお絵かき写真 | トップページ | マネージャー »

2005年11月30日 (水)

理想と現実のハザマ

 朝です。今日一日の始まりです。

 世間では忙しい時間帯のはずですが、こうやってPCに向かい、ブログを書いてます。

 旦那はすでに出勤。ちゃんとお弁当作って煎れたてのコーヒーも持たせて、送り出しました。チビたちの朝ごはんは納豆に塩辛…日本人の朝食です。はい。できたらこれに味噌汁があればもう少しまともな朝ご飯ですが、なんと、情けないことに味噌を切らしてるのです。…ダメですねえ…日本人なら味噌を切らしたらダメですねえ…

 で、ま、いいか。と手抜き朝食…えへへへ。今日だけね?(本当か?今日だけなのか!?)と、どこからか突っ込みが入る気がするが、それは気っにしな~い☆

マジメに主婦をしてる方に怒られそうですね…汗



 さてさて、理想と現実。そう。お仕事のことです。

 一応、ベーカリーも担当してるのですが、日によってドリンクを担当したりもしてるので、その間、違う人がべカリー担当になるわけです。

 担当する人間が違えど、お客様には一定基準のドリンクやパンを提供したい…。そう思います。そうするべきだとも思います。

 で、色々教えます。私はベーカリーでの担当が長いので主にベーカリーの新人教育をしています。「パン生地」は生きているので、焼くタイミング、焼き色もいつも同じ時間で焼いても、いつも同じように焼きあがるわけではありません。

 パン生地の様子を見ながら微調整して焼き上げていくことが必要になります。

 ご来店くださるお客様の人数、お食事のペース、お好みのパン等等も考えながら焼かなければいけません。

 お客様が多いのにパンが無い!ってことはもちろんダメですし、逆にお客様が少ないののパンが沢山ありあまる…とゆう状況も良く無いので、常にバランスを考えながら焼かないといけないのです。

 焼きあがったパンも、形、色、卵の塗り具合…気を使います。

 カゴにつめる時も、形を潰さないように…と。

 こうして文字にして書くと当たり前のことなのですが、それが中々…。

 人間、つい楽なほうに流れがちです。どんなことも…。

だから、常に思っていて欲しいことがある。

「お客様に喜んでいただけるよう、美味しい、美味しそうなパンを焼きたい」

とか

「自分が食べたくなるような、とびっきり美味しいパンを焼きたい」

そう常に思えるなら、ちょっとした心配りは意識しなくてもできるのです。

そう思ってくれる子ばかりだと、非常にうれしいのですが…

 いちいち、細かいことを指示しなくても、各自で考え工夫し、意見を交換しあい、ベテランも新人もお互良い刺激をうけ、さらに品質のいいものを…とゆうのが理想なので、ある程度教えると、あとは任せるようにしているのです…

 その子なりの新しい発想を生み出しやすい環境だとは思うのですが、手を抜こうと思えば、手を抜ける環境だともいえる。

 一人でするので、好きなように出来るわけですから。何も考えず、教えられたことだけを怒られない程度にこなす人もいれば、色々工夫してくれる人もいるわけで…

マジメに頑張ってる人と手を抜いてる人。そばで見てたら判ります。(ベーカーリーとドリンクカウンターは隣どうしなので)

 が、それを社員(時給を査定する)がしっかり見ていないので、口先だけ上手な子の時給だけが上がるまたは、幾ら丁寧にきっちり工夫してしていても時給が上がらず、しんどいことばかり引き受けるはめになって、結局損をみる…なんてことも。

 それが中々…悲しいことです…。

一人で全てをするわけにはいかず、何人もの従業員がいてるわけで、それを理想のレベルまで一人一人達していてくれたらいいけど、それはかなわず…

 なかなか難しいですね。経営者じゃないから、そこまで考えなくてもいいと思うのだけど、美味しい物は美味しく食べてもらいたい。そう思うとやっぱり、気になります。

 気になってシンドイです…。とても。



朝から暗い…のは、良く無い!! 

さあ!今日は私はドリンク担当。今日のベーカリーの担当は誰かな?

頑張って美味しいパンを焼いてくれるだろうことを期待して、

頑張ってコマゴマとやらなきゃいけないこと、やったほうがいいこと、キッチリやってくれるだろうことを期待して、


はりっきって、いってみよーーー!(^-^)ノ

|

« ラテのお絵かき写真 | トップページ | マネージャー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1734/44327

この記事へのトラックバック一覧です: 理想と現実のハザマ:

« ラテのお絵かき写真 | トップページ | マネージャー »