« 片方の手袋 | トップページ | ねこむしの苦悩… もとい怠惰 »

2005年12月 9日 (金)

パン生地の叫び

 ブログを初めたのが、11月26日。2週間になる。


 キーボード操作も文章を綴ることも比較的好きなほうなので、ダラダラと、下手したら1日何回も書き込みをしていたら、いつのまにかアクセス数が670。


 こんなブログにブックマークをつけてくださってる方もいらっしゃるようで…。ありがとうございます。(細かいこと判らないんだけど、アクセス解析の「ブックマークからリンク」ってブックマークつけてくれてるってことですよね?)

 毎日、40~50のアクセスがあるのをみて、また今日も色々書いてみよう…と、とても励みになります☆いつもきてくれる人、ありがとうです。(^-^)


 さてさて、ご挨拶も済んだので、タイトル「パン生地の叫び」を…


 最近…ずっと前から、仕事で気になっていたことがあった。パン生地の扱いである。

 当店は「焼き立てのパンとパスタとカフェ」のお店。パンはお店の看板商品でもある。

 色々な種類の生地を、しかも大量に消費する。よって自店でのパン生地の仕込みは不可能であり、冷凍の生地を解凍し、成形、醗酵、焼き上げ、お客様に提供させて頂いている。

 パン生地の解凍~成形時の状況が、パンの焼き上がりに大きく影響がある。

 どの生地も、丁寧に扱い、ベストの状態で焼き上げ、お客様に食べていただきたいと、私は思っている。(食い意地が張っているので、美味しい物を作りたいのだ…味見しなきゃいけないからし~、どうせなら味見するなら美味しいパンが食べたい!!)

 私だって体調不良や、ちょっとした手違いで、クソ不味いパンを焼いてしまうときも、もちろんある。そうゆう時は、己の不甲斐なさに落ち込んでしまう…よりも、怒りが湧いてくる。なんでこんなんになったんやあああああああ~~~???私はバカか!!?? と。

 お客様&社員さんが居なければ、必殺ちゃぶ台返しである。

 そんなパンでも、比較的、ましそうな物はお客様に選んでもらえるかどうかは判らないけど、パンのカゴの中へ収まるのである…(パンはカゴに入れて、お客様のお席までもっていって好きなのを選んでいただくシステムになってます)

 一応、努力はしてるんですよ…常に焼き立てを食べてもらえるようにと、工夫してみたり、同じ生地でもアレンジしてみたり…

 で、頑張ってるつもりのねこむしは、ひじょーに気になるのです。

 若いバイトさん達…パンの…生地の扱いが…

 「そんなんあかーーーん!!」と、言えたらいいのですが…気が弱く大人しいねこむしは言えないのです・・・注意できないんです…(そこ!!なに笑ってるの!?ねこむしは大人しくて有名なのよ!!)

 上手に言えない、口下手なもんで…一応事務所に張り紙をして、注意してもらおうとペタペタペタペタ…注意書き貼り魔人してるんだけどね。(お願いウザイって言わないで…涙)

 この店で一番長く勤めてるのにね…。情けない…。

 教えることはできる。何人も教えてきた。でもこの最近…バイトの質が変ってきた。他の古い人も同じように言ってたから、私の気のせいじゃないんだろう。

 歳なんだろうなあ…とも思うし、頭が固いとも自分でも思うけど…

「もっと優しく丁寧にあつかって!!」とゆうパン達の悲鳴を今日も…Il||Li _| ̄|○ Il||Li



・・・あー、なんか、脳みそ動いてないし、旦那様が気になるから早く寝ろと…

昨日はホッタラカシて遅くまでPCに向かっていたので…。あんまり度が過ぎると怒られる…不味いので、明日時間があるときに、また書き直そう… 何って奴だ…中途半端な…とゆう声が聞こえてくるような…



☆人気blogランキング☆参加してます。クリックよろしくお願いします

|

« 片方の手袋 | トップページ | ねこむしの苦悩… もとい怠惰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1734/77916

この記事へのトラックバック一覧です: パン生地の叫び:

« 片方の手袋 | トップページ | ねこむしの苦悩… もとい怠惰 »