« パン生地の叫び | トップページ | 新店舗 »

2005年12月10日 (土)

ねこむしの苦悩… もとい怠惰

 今日は土曜日。仕事仲間の主婦達そろって、忘年ランチ会。

 3歳児から中学生までのコブ付き12名さまご一行。子供が退屈しないところ…とゆうことで、焼肉その他バイキングへGO!


 ちょいとした手違いで、参加予定の一人が来れなかった。残念。(教訓 携帯のバッテリーはちゃんと満タンにしておきましょう・・・)


 予約していったので、予約特典として、ソフトドリンクバーが無料となった。やった~♪ お子様の一人の調子がちょっと悪くて…風邪?かな。お子様組みはその子を心配してか、ちょっとおとなしめ。おかーちゃま軍団も「今日は」おとなしい感じだったかな(いつもはどんなんやねん!?)

 私はいつもおとなしいので…ちょっと風邪気味で微妙に頭痛いのはあったけど(^-^;;


 最近、ちょこっとお仕事のシステムが変ったのでその件についての意見いろいろ交換なのです。

 ねこむし的には、ベーカリー、ドリンクだけじゃなく、はてはデザートも…ゆくゆくはキッチンも…と色々を経験を積んで行きたいし、興味もあるし…

 実際、ベーカリーは仕事に慣れてきて手順が良くなってきたからか、暇をもてあます時がおおくなり、仕事は楽でいいんだけど、面白くない…で、「いつでも焼き立てパン」にチャレンジなんて、マゾチックになってみたりする…。

 そうやって「今よりもっと違うことを」とゆう状況がとても自分には楽しいことであり、仕事にも意欲がわいてくるのだけど、人には色々な考えや事情があるわけで…熱血ばかり言ってられない…ってのを再認識したのであった…。

 でも、停滞しちゃうと、面白くなくなって仕事辞めたくなるやん…? 


 あとはべーカリー担当の若いバイトさんのこと。

 「なんでわかんないの??教えたこと無視して好き勝手ばっかりしてる!!」と私は最近怒りまくっていたのだけど…

 色々な店を経験された主婦さんの言でちょこっと目がさめた…。


それは…


 厨房で「鍋まわして」と指示があったときに新人さんのとった行動は、ソースを煮込中で熱くて重い「鍋自体」を引きずってぐるぐる回転させていたらしい…汗


 しかもかの有名な「辻調理師専門学校」の卒業生だ…。オイオイ…

 ソースを煮込み中の鍋を「まわして」と言われたら、専門学校で学んだことも無く、飲食店の厨房経験の無い私でも「鍋の中のソースを焦げないようにかき混ぜる」ことであると直ぐ理解できる。


 

別の新人さんは…

「サニーレタスを洗っておいて。わかるかな?」と指示された新人さん「はい!判ります!」と言って数分後…「痛んでたところは捨てておきました!」とサニーレタスの黒いところを全て除去され量が半分になった芯だけの姿になったサニーレタスが…

 サニーレタスはグリーンリーフとちがい、葉先が黒~紫っぽい色をしてる野菜です…。そんなんも、判らない子がいてるのねえ…と、なんか、ジェネレーションギャップなのか、なんなのか…まあ、私も「そう」思われてるんだろうけど(爆)


 そう。本当に、「1から10」いや、「0から100」まで教えないといけない子が居てるのだ…。信じられないことに。本当に、脳みそ宇宙人な子は存在するのだ。


 たとえ、専門学校を卒業していても…。


 そう…私が言ったことを理解していなかったんだ…。

 こりゃ、次出勤したら、教えなおさなあかん…。

 今まで教えてきた子は要領のいい子が多かったから、こっちが説明した気でいてもちゃんと理解できていない子が居るとゆうことに気がつかなかったんだ…。

 修行不足でした。

 一歩、大人になった…?なれたかな?ちょこっとは良い指導者になれるように、もっと色々経験者からお話聞いたりしないとだめだ~


苦悩と思ってたら、怠惰だったので「反省ザル」ならぬ、「反省ねこ」なねこむしでした☆



☆人気blogランキング☆参加してます。クリックよろしくお願いします

|

« パン生地の叫び | トップページ | 新店舗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1734/81335

この記事へのトラックバック一覧です: ねこむしの苦悩… もとい怠惰:

« パン生地の叫び | トップページ | 新店舗 »