« マグロ丼とザル蕎麦 | トップページ | 久しぶりの御仕事 »

2006年4月29日 (土)

切迫流産の危機!?

「ねえさん。事件(ピンチ)です…」

古い…古すぎる台詞が頭をよぎる。

26日の朝、トイレでの出来事である。

下着の茶色い染みに、頭が真っ白。

・・・・・・・

・・・・・・・

とりあえず、落ち着いてみよう。深呼吸して、トイレで座り込む。

・・・・・・・

鮮血ではない。量も少ない。痛みも無い。染み以外の内容物排出は確認されてない。

・・・・・・・

・・・・・・・

とりあえず、トイレからでて、布団に潜る。

・・・・・・・

染みの感じからして、血液の混じった体液である。

スポイト1滴ほどであろう。

・・・・・・・

・・・・・・・

とりあえずするべきことは…?

病院に連絡。仕事先に連絡。旦那に連絡。

・・・・・・・

微妙に焦っていて、病院の診察カードが見つからない。

旦那の携帯もかけたけど出ない。

とりあえず仕事先に休むことをメールする。

旦那にもメールを入れ、ようやく診察券を見つけ、病院にも連絡。

落ち着いて。落ち着いて。大丈夫だから。

心底ドキドキドキドキしながら、病院に向かう。

大丈夫。絶対大丈夫だから…。

・・・・・・・・

待合で少し待って、すぐに診察室へ。

内診すると、やっぱり出血してた。でも赤ちゃんは元気に心臓を動かしてる。

出血量も微量。お薬を貰って、2週間程安静に…とのこと。

・・・・・

よっぽど蒼白な顔をしていたのだろう。先生の診察が終わってから助産婦さんに別室へ呼ばれた。

そこで、再度じっくり話しをした。微量の出血だし、心臓はきちんと動いてる。成長もしている。安静にしていたら大丈夫と。

万が一、流れたとしても、それは生命力の弱い子はこの時期に淘汰されるから、赤ちゃんが生きる力が弱かっただけでお母さんには一切責任の無いことだから。

腰痛は、腹痛と同じで、生理痛と同じ子宮が収縮してる痛みだから、痛みを感じたらすぐに休むこと。

出血していても、正常に生まれる子もいてる。

・・・・・

なんか、色々話きいてるうちに、安心したのか、不安になったのか、自分でもわからない。助産婦さんの顔をみてるうちに、泣けてきた…。

この時期の出血ははじめてて、上の子たちは自転車乗っても、満員電車で揺られても全然平気な強い子たちだったから、なんで出血するの????って、

・・・・・

家に帰って、すぐ薬を飲んで、横になる。

忙しい水曜日。仕事先に多大な迷惑をかけてる自分。

お腹の中で、頑張ってるチビ助。

ぐるぐる、頭の中をいろんな思いが廻る廻る…。

先生は2週間安静って言ったけど…。来週はGW…人手が足りない。店は殺人的な忙しさが予想される…。シフトを出してるのは2日間だけ…。2日だし…大丈夫。出よう。ただでさえ、今日は当欠をしてしまったから。

・・・・・・・

それから4日経ちました。

ずっと寝てて、おきても1日1~2時間。何冊本を読んだだろう?

座る姿勢になるネット遊びもせずに、ただ、布団から窓の外を見たり、そばに寄ってきた飼い猫を捕まえて抱きまくらにしてみたり…。

昨日、今日と出血らしいものは見られなかったから、ちょっとはおきて大丈夫かな…?と。

明日はチビの少林寺拳法の大会がある。なにやら気合が入ってて、集中練習自主的にしている…。今日も、明日の気合入れ。昼から集中練習で、ついさっき、前夜祭?で大きい子ばかりで集まってお菓子とジュースでパーティーをする…(^-^;;

夜早やめに帰ってこーい…一応、9時に電話連絡を約束させる。

羽目外すなよぉ…。

|

« マグロ丼とザル蕎麦 | トップページ | 久しぶりの御仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1734/1614934

この記事へのトラックバック一覧です: 切迫流産の危機!?:

« マグロ丼とザル蕎麦 | トップページ | 久しぶりの御仕事 »