« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月27日 (火)

うにょ~ん

お疲れっす。今日はお天気。本当に梅雨?って感じの一日でした。

お店でも詰めたい飲み物が多いかな?って思ったら、温かいラテ系も、ホットコーヒーも結構出たのでびっくり。

今日はホールに社員さんがいなかったのでか、若いバイトさんが気が抜けてたのか、お客様がお待ちなのにおしゃべりたーいむ!しかもランチ中…しばらく見てたけど、そのうちコメカミにピクピク…お前らいい加減にしろや…と怒り充填発射OK状態になってしまったので、「いい加減にしいや。11番さんお待ちなのに、なにチンタラくっちゃべってるねん。さっさとパン周り行って!!」と、お小言オバサンになってしまった…。

最近はもうすぐ出産で辞める予定だから、言わないようにしてたけど、やっぱり私語に夢中になってお客様をお待たせすることになるとゆう状況は我慢できない。

はあ…大丈夫なのかね?こんなんで。

と心配になるけど、まあ、しょうがない。私の店じゃない。

チーフやリーダーさん達の間もあまり上手い具合に行ってないみたいだ…。

一番年上のチーフは不都合があったりすると、よく人のせいにしてるのは私は気付いてる。他の人からみて、「口だけだ」って言われてるのも、わかる気がする。

面倒見が悪いのだ。

私は以前、社員も新店舗に行って留守でチーフもいないとき(そうゆう役が設定されていなかった時)、自分は古株で色々良く知ってるから…と、規定の仕事の時間よりも速く来て新人さんの様子を見たり、休日でもちょっと不安要素があるときなどは店に顔をだし、手伝えるようにスタンバイしてたもんだ…。仕事が終わってからの植木鉢の花の購入とか、植え替えとかも自らすすんでやったし。もち、その時間の時給はつかない。

料理長から「時間内にしていいよー」って言われたけど、お花買ってきたらやっぱり朝一番にきれいにしてそれからお客さん迎えたいし、時間になってからでは仕込みが間に合わない…じゃ、タイムカードを早めに押したら…社長が五月蝿い…。で、サービス早出になったりするのだ…。そうゆうことをしていた。胸を張って言えるぞ。

まあ、そこまでしなくていいと思うけど、たまには早く出てきて様子みたりしてもいいんじゃない?チーフ手当てもらってるんだし…と思うんだけどねえ…。

まあ、しょうがないか。しんどいことはやりたくない…ってのが見え見えな人だし。

以前よりは店のこと考えてるようだし、前に比べたら良い方か…。

私は辞めるのだから、気にするまい…と、思っても…気になる…(^-^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

腹帯

25日の日曜日に行ってきました。

兵庫県の中山寺。関西では?腹帯の超有名所。

上の子2人とも行ってるし、今回も…と。

ちょっとゴチャゴチャあったけど、当日になってから旦那に言うと、あっさり「んじゃ行こう」と。

当日にいきなり言われるのは嫌がる人なのだけど、先日、腹帯のことで私が落ち込んでたからかなり気にしてたようで…素直になれない私に旦那は「ねこむしがしたいって言ったことは大抵してるでしょ?思い出してごらん。僕は知らないこととか判らないことがたくさんあるから、教えてくれたら良いと思ったことはするよ」とのこと。

 

うきゅ…確かに最近はそうなんだけど…数年前に受けた冷たい言葉は刺となって私の心に刺さって抜けないのです・・・だから、今でもなかなか素直に言えない…言うのが怖いのです…

 

でもまあ、腹帯はちゃんと授かってくることができました。

名を見てみると達筆すぎて読めないのだけど、「酉年、女」は判別がつきました。

女の子の腹帯だったら生まれてくるのは男、男の子の腹帯だったら生まれてくるのは女…と言われてるので、赤ちゃんは男!?

女の子の名前しか考えてないよおお…焦る…

でも、まあ、どっちでもいいし、もうちょっとしたら病院でも判るから、そうしたら名前本格的に考えよう…。

 

最初の戌の日に腹帯は巻くものだけど、次の戌の日は土曜日で旦那もお休みなのでその日に巻くことに。腹帯巻いて、氏神様に挨拶にいって、ちょっとしたお食事しましょう…とゆうことになってます。

えへへ…うれしい…。

 

…単純な奴だ…と自分でもつくづく思う。あんだけ大騒ぎしてたのにねえ…呆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

うきゅううう~

金曜日の割りに忙しかったお店。今日はほとんどの人がお給料日だからかな?

仕事をしてると、体は疲れるけど、心はスッキリ。

朝ちょっとトラブルがあって伝票の内容が各子機に飛ばなくて、バタバタして、ムキッッツ~~ってなってたけど、まあ、なんとかなったし。

体調が悪い時は仕事はかなりシンドイけど、今日は腰も頭も痛くたくて気持ちよく仕事できてよかったー。

仕事しながらも色々考えたりもするけど、前向きに考えられるときもあるからネガティブ思考の私にはちょっとうれしかったりする。

今気になってるのは、腹帯…。間に合うことは間に合う。

もう一回どうするか旦那に聞いてみる?

でも、祈祷揚げてもらう時名前が違うよ…滅

私としてはそれが嫌で腹帯のことは考えないようにしてたんだけど…。

チビ達のときはちゃんと神社に腹帯貰いに行って、祈祷もして…。

今回の赤ちゃんだけしない…ってのも、大きくなってから聞かれたりしたらどう答える?嘘でも言っとくか?ってなってしまうし…。

ネガティブ思考の時に安産祈願なんかより難産祈願してそのまま死んじゃえ…なんって思ったりもした…すっごく自虐的…難産で母親死亡か…かなりしんどいだろうねえ…まあ、自業自得でいいんじゃないですか?と…思ったりして。

前向きで行こうと思ってるのにダーキーなこと書いてどうするんだ…Il||Li _| ̄|○ Il||Li

スッキリさせたらいいんだけどね。気になってることを全部旦那に吐き出して。

それができたら苦労しない。言えてることは「苗字が変るから籍は入れたくない」とだけで踏み込んだ詳しいことは言ってないし。

後継ぎ問題があるからそれが引っかかってるんだろう…と旦那は思ってるみたいだけど。

言わなきゃ判ってもらえないのは判ってる。

でも、言っちゃうと、旦那を更に傷つけてしまわないか?

頑張ってくれてるのは、凄く判ってるし、どうしても気が廻らないところもあるだろう。

そう理解してるつもりだけど、感情がついていかない。

そこはどう埋めたらいいんだろう?

殺してしまった赤ちゃんは、私のところに来たいと、同じ子がお腹に帰って来てくれたんだろうか?それとも違う子?違う子ならば、前の子は何処に?前の子の気持ちはどうしてあげたらいい?どっちにしろ、私の罪の意識は決して消えない。苦しくて悲しくて、紛らわせる為に旦那の家を憎むんだ…ってのは自分でもわかってる…。八つ当たりではなく、当然の思いだと…も思うけど、やっぱりいけないことだ…責任転嫁だと…判ってるけど…一人で耐えるには辛い。旦那は一切口にしないから忘れてるのか、一人で耐えてるのか…わからない。

それを旦那に吐き出したとき、旦那はどんな態度をとるんだろうか?

嫌われるのも怖いし、旦那を傷つけてしまうかもしれないのも怖い。

 

結婚式のこと、小さなことだけど、ずっと引っかかってる。

しょうもないこと。単なる形式。無駄金。祝福されるわけ無い。

1回目はまともな形じゃなかったけど、一応したんだから、2回もしなくていいやん?

おばはんがドレス着て嬉しいか?鏡を見て見ろ!

…そうなんだけどね…。女は何歳になろうとも、やっぱり憧れはあるわけで…。

幼稚臭い夢だとは思うよ…実際するとなったら照れて逃げちゃうかもしれない。

これは、多分、私の我侭だ…。言わないほうがいいかもしれない。

 

後継ぎのこと。

何か手があるかもしれない…少し調べたけどもう少し詳しく…市役所に聞きにいかなくちゃいけないね。

兄ちゃんに兄弟と名前が異なるようになるかもしれないが良いか?とはまだ聞いていない。下の子も旦那との養子縁組のことも詳しく話していない。

どうせ、旦那はそんなトコまで考えてないだろう…と諦めてるのだ。聞いてないうちから。

聞いてみるか?ちゃんと話し合ってみるか?

で、また旦那の親に言われる?

「養子縁組はするな、チビ達と赤ちゃんとの待遇の差は覚悟しろ」と?

判りきってることなんだけどね。当然だろうな…と思うよ。旦那の親の気持ちも。

でも、実際目にしたら辛くって、自分が辛いより、チビ達が嫌な気持ちになりそうで、それが嫌で…。そこを旦那に庇ってもらえたらまだいいのかもしれないけど、そこまで心配りの出来る人じゃないし、期待はできない…

 

ウチの家系の存続ももちろん気になってるけど、旦那と同じ苗字になるのが嫌なんじゃなくて、旦那親の名前と同じになるのが嫌なんだな…と…つくづく思う…。

 

旦那親がいなければ、旦那は存在しないわけで…大事にしなくちゃ、とゆう気持ちは多少はあるけど、でも、様々な葛藤があって、どうしても無理だ…。

旦那のおじいちゃんが亡くなったときは、通夜とかの夜番も全然嫌じゃなかったけど…それが旦那親だったら…?多分嫌なんだろうな…と思ってしまう…。心の狭い女だ…私って奴は…。

 

…逃げてばっかりじゃダメだよねえ。

とりあえず、腹帯かな。一番軽い問題だし。

話してみるか…。ちょこっとずつ…。とりあえず、少し前向きな気分なうちに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あー、まけちゃった・・・

まけちゃったねー サッカー。

奇跡を期待していたんだけど…残念。

でも大丈夫。4年後があるよ。選手の中には最期の機会だった人もいてるだろうけど、見る側の私にはまた次回がある。

今回の選手達も良く頑張ったよ。負けちゃったけど、でも、すごくがんばったよ。うん。

拍手で帰国を迎えたいね。力いっぱい頑張って、力が足りなかったんだからしょうがない。それを次に活かして欲しい。自ら鍛え直す人も、今回で得た知識を次の世代の選手に受け渡す人も。

誇れることは、日本チームは卑しい、卑怯なことをしなかったこと。

これは胸をはっていい。

釘を持ち込んだり、審判を買収したり、相手国選手にわざと怪我をさせて帰国後取材で「怪我させてやりました!」なーんてコメントしてるヤツラとは品格が違うとゆうことを見せてもらえただけで、誇りに思うよ。うん。

次、頑張ってね。応援してるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

寝てた

市役所いかんとダメだったのに、思いっきり寝てた…汗

色々考えて、一人でブルーになって、泣きながら眠ってしまっていた…(^-^;;

泣くのは良い事。気持ちを吐き出してしまわないと、また溜め込んで手のつけられないことになってしまうから。

泣いてスッキリしたのか、すこし気分が落ち着いてて楽になってるのが嬉しい。

なんでこんなに色々苦しいのに、旦那と別れないんだろう…と思うけど、無性の人間性を考えれば、私に必要な人なんだよねえ。

私には無い、根気、寛容さ、人当たりのよさ、兄貴としては申し分のないチビたちへの対応…。

決断力、即決力は無くても、私がもっていない色々な良い点を持ってる人で、見習考えさせさせられる美点がたくさんある人だから、やっぱり側にいたいと思う自分がいてる。

男としては、かなり頼りない男だとは思う。

父親としては全くダメ。

人間、完璧な人なんていないから。父親も、子供の成長供に父親と成長していくものだから、今は旦那は父親にすらなっていなくても当然なのだけど…私が何処まで耐えられるか…はかなり難しいような気がする。

以前、私が自殺未遂をおこした時に、私の母は付き添いもしなくて、見舞いすらも1~2度だけ。医者に、運が良くて植物状態。多分このまま意識の戻らないまま死ぬ。と言われてたらしい。ご先祖さんに守られてるのか、後遺症もなく完全復帰できたことには医者もびっくり…。

入院中の看病はほとんどが旦那と旦那の母。そして遠方からかけつけてくれた私の姉。

私の母は怒っていたのだ。私をここまで追い詰めたのは旦那とその家族のせいだと。病床について意識のない私を見るのが嫌だったのだ。

あれから、何か変ったか?と問われれば、変ってない。としか言いようが無い。

所詮そんなもんだ。

いや、あのときの嫌味を言われることが増えたので前より悪くなったといえる。

あのまま死んでたら…楽だったのに…と今でも思うときはある。

でも、チビたちのこともあるし、今は赤ちゃんがお腹にいてる。

あの時死んでたら、赤ちゃんは居ないし、チビたちにも会えない。

だから、生きててよかった、と、ちょっとは思うかな?

 

名前のことも落ち着いて考えれば、私はウンといわなければ私とチビたちの苗字が変ることはありえない。赤ちゃんも必然的に私だけの子となる。

大丈夫。奪われることは無いのだから。

産院も個室にしてカギをかけてしまえば、合いたくない人には会わなくて済む。

赤ちゃんも見せずに済む。

なにも不安に思うことは無いのだから…。大丈夫。がんばれねこむし。強くなるんだ。大丈夫だから。

旦那は「夫」じゃなくて「人格のパートナー」と考えるべし。

そう考えれば辛くない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

戌の日

26日と7月の8日が戌の日だから、5ヶ月入ってるし、腹帯のことを相談しようと今朝「26日が戌の日なんだけどね」と切り出した。

本当は、私にはそんな気全然なかったのだけど…祈祷してもらうのに、私達は籍を入れてないから苗字が異なるし…旦那もそんな「祝う」とか「嬉しい」とか全然言わない人だし、興味ないのかと思ってたから。

式もしてないし、籍も入れてないのに腹帯だけ祈祷ってのも、なにか腑に落ちないものもあるし。

だけど先日、TVで子供が妊娠した母親に神社で祈祷してもらった腹帯を渡す場面があって、それを見た旦那が、うちもあれしよう!って、言ってたので、一応声をかけたのだ。

その返事は

「犬の日?うちには犬はいないから関係無いぞ。犬は買わないぞ」

とのこと。

先日TV見て言ってたことはすっかり忘れてるようす。言わなきゃよかった。

なんか、わかってたけど、さらにいつもにまして情けない気分になってしまった。

「…そうだね、関係無いね。まあ、あんまり意味あることじゃないし、いいよ。べつに。」と返事して、さらに落ちこむ…情けない…。こいつは父親になれない奴だ。なる気が無いんだ。

落ち込んだ私をみて思い出したのか「あれ?神社のやつ?」と言ってたけど、もう遅い。私は心を閉ざした。なにか言い訳してたみたいだけおど、聞こえない…耳に音としてしか認識できない。意味のある言葉として捕らえられない…。

ただ、妹さんに子ができて、かわいいから、自分のも欲しい…って感覚で子を作ることに同意したんだ…と、改めて強く思った。

胎動を感じた時も伝えたけど、全然…無関心。

さかのぼって、自分の親に報告する時も…だらだら引き延ばし。

私の親には自分から知らせる気全く無し。

・・・

・・・

・・・

贅沢言うまい。私は旦那の子が欲しかった。諦めてた子がいま腹の中にいてる。それだけで満足。それだけで幸せ。

ちび達は一緒になって名前を考えてくれてる。「イオリ」「さくら」「ゆき」「ぴかちゅう」…汗

変な名前もあるけど、楽しみにしてくれてる。

旦那もよくわからないけど、前より仕事熱心になってる。まあそれだけでいいよ。

他は期待しないから。お金だけちゃんと稼いできてね。私が働けない間。

それだけでいい。あとは何も期待しない。望まない。

何も望まないから、旦那も望まないでくれ。

私から苗字をとりあげるようなことは絶対できない。

する気はもう無いから。

諦めろ。

法的に家族が欲しければ、他の女と一緒になって子を作れ。

私は初子を殺すことになり、式も挙げずに、今まで待たせて、籍だけいれようと言う男の嫁にはならない。それなりの代償は払ってもらう。

私にも意地とプライドがある。お腹の子が婚外子と表記されることは旦那の家に対する私にとってささやかなる復讐。

旦那が他に女をつくらなければ、もしくは私が同意しなければ、旦那家の家系は絶える。

旦那の家系か自分の家系か、どちらを残す?と問われれば、私はたとえ酷い目に合わされたとしても、命を授け、大人になるまで世話をしてくれた自分の家系を守りたい。

それを捨ててまで旦那の家系を存続させる理由が、魅力が一切感じられないから。

 

せっかくの休みの日なのに朝からブルーだ…役所に行く用事があるけど、しんどいなあ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさーしぶりのカキコ

何日ぶりぶりだろ?ココに書くの。

前書いたのはWカップの日本VSオーストラリア戦の翌日だっけ?

ブログより面白いことに熱中してて、思いっきりブログをムシしてたし(笑)

待ってた図書館に予約してた本が来たので、3回も読み直したり、チビたちが今夢中のモンスターハンターポータブルをちょこっとやってみたら、またこれにハマッテ暇さえあったらしてたり…(^-^;;;

おかげで、PSPは2台あるんだけど、ゲームソフトが1個しかなかったので、喧嘩になるとゆうことでソフトをもう1本購入…まあオンラインで一緒にクエスト行けたりもするから丁度良いって言ったらいいのだけど…チビたちも1個のソフトを共同で使ってたのに、そこに私が割り込んで占領して…って、旦那もチビたちも呆れてました。

だって、おもしろいんだもーん…。

 

それより、サッカー。やばいことになってますねえ…。クロアチア戦で引き分け…。

あとは強豪ブラジル線のみ…。お願いだああ…買ってくれええ…2点差で勝ったら決勝リーフに行ける可能性もあると、TVで言ってた。

野球のWCBの時みたいに起死回生、不死鳥のようによみがえってくれええええ~~~

ついでに、優勝なんかしちゃったりしたら、むっちゃくちゃ凄くない?野球に続けてサッカーまで…神国日本、神風日本の名のとおりになってしまう…と、ちょこっと期待してたりする。かなり難しいことだけど、出来ないわけではないはず…。不屈のサムライ魂でやりとげてくれえええ~~って言ったら、サッカー知らない奴のたわごと?

まあ、そんな気持ちでいるってことで。

頑張れ日本!最後まで正々堂々と、死力をつくして悔いの残らないように、日本人らしく美しい戦い方をしてください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

まけた~~~~~~

あーーーーー…負けた…残念…サッカーの話です。

先制点とったんだけどねえ…1-3で負けちゃった。

前半から押されギミだったし、まあ、実力の差かなあ…?気合の差も多少ありそうな気がしたけど。

初戦を負けると決勝リーグにいける可能性がかなり低くなるとのことだけど、ここで諦めずに頑張ってほしいな。

不死鳥のようによみがえってWCBの初代優勝国となった野球みたいに!!

がんばれ~~サムライニッポン!!肉を切らせて骨を絶て!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

読書

この2週間…に満たないな。10日ほど、本の虫であったりする。

12冊を読み終えた。あと1冊。最終巻…なのかな?それとも、単に第5部の終りで、次の第6部が新たに始まる?出版される?

図書館にたのんでるけど、13冊目がまだ来ない。読みたい。

1冊はハリーポッターシリーズの1冊より少々分厚いかな?と思われる程度。

氷河期の自然描写、動物描写、生活様式等々、かなり細かく表現されていて引き込まれる楽しい本。

以前から読んでいたけど、11冊目~13冊目はまだ読んでなかったので、図書館の蔵書で見つけたのでついでに1冊目から読んでみたのだ。

以前読んでいた本とは出版社、翻訳者が違ってたので多少性的描写がリアルとゆうか、非常に濃く書かれており、少々びっくりしたけど、まあ私が読む分には別にいいか…でも、チビたちがもう少し大きくなったら、読んでも良いかも。いいお手本になる。じっくり、相手を喜ばすテクニックが書いてあったりするから(笑)。男は少々手抜き傾向になるから、作者が女性で、女性が深く愛される時どうされたいか、どうされたら気持ちいいか非常にこまかく描写されてるこの本は、単に氷河期に生きた少女の物語とゆう位置だけでなく、性教育の本としてもいいかもしれない(笑)

陵辱されたら、したらどうなるかってのも多少は書いてあるしね。

 

休みの間、ずっと本を読んでるから肩が凝った…針治療とか温泉とか行きたいなあ…。妊婦さんが行ってもいいものなのかな…?ちと不安があるし、辞めておいたほうがいいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

土曜日に

仕事があったのだけど、ちょいときになることがあった。

仕事でいつものようにコーヒードリッパーのスイッチを入れると指先に痛みが走り、剃刀で切ったような滑らかな傷ができた。

毎日、触る場所。こうゆうことは初めて。ドリンク担当の者しか触らないところ。

シフトは事務所に張り出され、誰がその日担当になるかは事前に誰もが知っている。

 

まあ、そんなもんだ。

 

剃刀で切った傷だからか、切り口が鋭利で綺麗だったおかげで、一日経った今日はすでに傷口がほとんどくっついて、どこを切ったのかもう判らない。完全には癒えてないので指先を使うと少々痛みがあるけど、問題はない。

 

そのときは「静電気で裂けた」と言って、バンソコウを貰ったけど、まあ、それが無難かと。

 

多少は思うところがあるので、まあ、そんなもんだと。

嫌いなものは嫌いだし、好きなものは好きだし、嫌いだからといって自分からはなにかしようとは思わない。そんなのしたら自分が醜くなるだけだから。

自らを貶めて辱めてそれで善しとする人が身近にいるらしい。かわいそうに。

自ら進んで攻撃することは悪いことだけれども、でも、嫌いなものを嫌いと思い、なるべく避けようとする行動は全ての人に認められてる権利だよねえ…?と思うのだけど、さて、どうなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

いろんなニュース

はあ…体調悪くて気分が優れないからか、色々嫌なニュースが多い。

 

秋田の小学生殺害もそうだし、君が代替え歌騒動も気分が悪い。エレベーターのシンドラー社…このニュース聞いて、着信アリの2だっけ?思い出したし、韓国のエレベーター天上衝き抜け事件を思い出した。

日本よ…奴らと同じレベルにまで落ちるのか…?と思ったら外国のメーカーだったのね。良かった。

韓国は嫌い。朝鮮も嫌い。嫌いなものは嫌い。だれがなんと言おうと嫌い。

私は日本で生まれ育って日本が好きだから。

嫌だなあ…と思う国はある。アメリカがすぐに思いあたるかな。でも尊敬できる面もあるから嫌いではない。中国ですらまあ、過去の文化は素晴らしいものがあったし。今はなんとも…救いようが無いけど、尊敬できた面もある。

朝鮮?拉致被害者返してから物言えよって感じです。はい。

韓国?、話にならないほどくだらない国。

小中学生に反日の絵かかせて空港に張り出すようなバカする国ですから。

セーラームーンもドラえもんも光の碁も日本で作れたマンガでアニメです。カッパエビセンも、キノコの山もタケノコの里も日本で作られたお菓子ですから!なんでまねばっかりするの?オリジナリティーの無い国…。多少のまねをして、そこからさらに発展させたら文句は言わないけど、まるきりマンマやん!

他国の国旗をセレモニーで土足で踏みにじるような国ですから。

スポーツにフェア精神っちゅーもんの1カケラすら持ってない国ですから。

あー、嫌だわ。なんであんな国と隣同士なんだろう?何かのブラックジョークであったけど…

A、豊かな土地と海、美しい四季、心優しく勤勉な国民、神は日本を作る際贔屓しすぎです。

B、いや、ちゃんと考えて隣国に朝鮮、韓国を配置した。

A、納得…

とゆうような感じのモノを読んだことがある。多少文体は違うけど。

ほんっと、日本最大の災厄…だよね…この立地条件は…。

 

って、なんでニュースから半島ネタへ? いや、2ch見てたもんでね。あそこでは切ても切れないネタ。

 

過去において罪を犯しても、その後の関係において引きずっているけど、それを表面に全面的に出している国はほとんど無い。今の関係をよくしようと、各国それぞれ思惑はあるだろうけど頑張っているのに、なんでアノ国はスポーツの場にて「○ットラーの息子は帰れ」とか嫌らしい幕を掲げたりして他国を侮辱するのだろうか?

そんな点が無ければもう少し、歩み寄れると思うのになあ…

まあ、わざわざ釘を持ってサッカーして相手国選手に釘で怪我させるような人達だから…無理なのかもねえ…。

今回のサッカーはまともな試合みたいよね。それともまた笑わすとゆうか、ゲンナリさせてくれるようなプレイをするのだろうか…

まあ、どうでもいいや。あんな国。

応援するは日本だあああ~~もうちょいで開幕だね!

頑張れ~~蒼きサムライ ニッポン!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

大きくなってた

夕方病院へ。

ちょうど出産と重なっていつもよりちょっと待った。

どっちが生まれたのかな?と…。11月の末には私の番。待ってる間、ほのぼのした気持ち。ちょっと体調悪かったけど。

診察の順番がきて、先生に「今までたいしたツワリがなかったのに、安定期入ったのにご飯を食べたら気持ち悪くなってはいてしまうことが多くなった」と告げる。

先生は「仕事が辛くなってきたのでわ?あまり無理しないように」とのこと。肩こりと腰痛が酷いのでシップ薬も貰う。

超音波で赤ちゃんを見るとすっごく元気に動いてて大きくなってた。ただ今身長8.5センチ。先生も「おお~すごい元気だな~。うごきまわってるね」となんか嬉しそうな楽しそうな声で、コレが太ももの骨、性別は20週以上にならないと判らないからその頃聞いてね」と色々説明してくれる。

体重が結構落ちてたのでちゃんと赤ちゃんが大きくなってるか心配してたけど、大丈夫でよかった。

前回はDVDで録画してもらったんだけど、録画ミス?だったのか再生できなかったので今回はビデオテープを持参。そっちに録画してもらった。

まだ観てないけど今度は写ってるでしょう。旦那が帰ってきたら早速一緒に見てみようとおもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3連休

土曜日から今日まで3連休。

土曜日夕方に図書館で取り寄せ予約していた本7冊が来たとゆうので取りに行く。

氷河時代の少女の半生の物語でかなり分厚い。ぼちぼち堪能して、さっき読み終えた。続きがあってそれも取り寄せ予約仲…あと6巻ある。

ぽえ~~っと本読んで、おなか空いたらご飯食べて、ご飯食べたら気持ち悪くなって吐いて…の繰り返し。

今日の午後、病院に行く予定。もう安定期入ってつわりも無いのに、少ししか食べれなくて体重が落ちていく…どっかおかしいんじゃないか??と不安になる。

家にいてる時や外で食べるときまって気持ち悪くなる。で、吐いちゃう。

仕事前に事務所で食べるサンドイッチとかはちゃんとおなかにおさまるのに…。

へんなの。ヨーグルト、納豆、豆腐、おひたし類は比較的胃に収まってくれるけど、それ以外が難しい…。無性に甘い物食べたくて、クレープやシュークリームを買ってきて食べても結局吐いちゃう。

まあ、元々体重あるし、10㌔くらいおちたって、人類の体重になるだけで不都合はないんだけど、おなかの赤ちゃんが気になる…。ちゃんと大きくなってるんだろうか?

おなかはちょっとづつ、大きくなってるような気はするけど。

体だるいなあ…本の読みすぎで寝不足かな?

寝ないとね。おやすみなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »