« P&Gに公正取引委員会が正式に注意 | トップページ | ついでのお豆 »

2007年2月12日 (月)

古い話?~ベビーカーで指切断事故

うちのベビーカーは大きい…。

ベビーカーのコマは通常は硬いのだけど、自転車のタイヤみたいに空気を入れるタイプのジョギングストローラー(ニューヨークベビー)である。赤ちゃんの乗り心地を考えてのことだったんだけど、なにごとも大きな国?アメリカ製とゆうこともあるのかもしれないけど、とにかくデカイ。

緑道があって、公園も沢山あって、環境のいい我が家周辺。お散歩にはとても良いけど、小さなコマゴマとした…たとえば商店街の中の薬屋さん…とかにはとてもじゃないけど入れない。

で、もう少し小さいのも買う?でも、無駄とゆうか、贅沢だよね?小さな店に行く時は抱っこ紐かスリングで?でも我が家は5人家族。しかも、食べ盛りの男の子が2人いてる。買い物の量は半端じゃない。赤ちゃん抱えて、買い物の荷物…辛い…とゆうか、勘弁!!!

根性無しといわれても良い。買い物の時はベビーカーを使いたい…。

歳なのよ…赤ちゃん抱えてるけど、もう35歳よ。重い荷物は腰に…あううう…。

で、ちょっとした近所への買い物はB型つかえるようになるまではなんとか工夫で乗り切る?と考えていたところ、旦那の妹さんがAB兼用型だけど、うちのベビーカーよりは少々小さめのをB型に買い換えるから使う?との打診があった。

助かる~♪うちの子まだ3ヶ月目はいったところだし、B型ベビーカー乗れるまでには間があるし…お散歩用とお買い物用使い分けれる?と、おもって、どのようなベビーカーか聞いてみたところ、去年買ったアプリカのベビーカーだとのこと。

……

アプリカ製は実は幼児指切断事故のことを知っていた私は、ベビーカーどころか、チャイルドシートさえ避けていたのだ。

確かに、少し古い話だし、今はもう改良されているのかもしれないが、万が一…と思うと、どうも避けたい気持ちがある。

 

少々私は気にしすぎの性格なのかもしれないけど、寄生虫キムチ騒動で韓国産キムチも食べれないし、腐敗残飯餃子問題、農薬、有害物質付着残留問題、人糞を餌にしたウナギ…中国産のものは一切口にできません…。

話題にする人も少なくなった今日このごろだけど、私の中ではいまだ重要なこと。

「値段」と「家族の健康」…天秤にかけたら「家族の健康」のほうが私の中では重かった。だから、少ない生活費…削って、削って、節約して、食品は国産を買います。国産って高い…涙

  

国土交通省の平成17年度チャイルドシートアセスメント結果でもチャイルドシートの性能としては他メーカーより安全性ランクが下で、しかも「推奨せず」の非常に好ましくない評価を受けたタイプもある。

 

母としては、値段や見た目、使い勝手も考慮するけど、少しでも安全性の高い物を子供に使いたい。

怪我をして泣くわが子を見たい…と思う母親はいるだろうか?いないでしょ。

でも、旦那の妹さんから良かれと思って声かけてくれたんだし、折角だし…でも、アプリカは嫌だ…。その旨、旦那に話したら、案の定、旦那は不機嫌。

HPも見せて、事件のこと、消費者新聞でもとりあげられたこと等もあるので、万が一を考えて、物を見て自分で安全性を確認してから返答したい…と言ったのだけど…。

言い方って、難しいよね。とくに、旦那方の身内への。好意であるのは重々承知。でも、どうしても受け入れられないこともある。それをどうやって波風立てないように断るか…。

 

はうう…。

 

アプリカさん。おたくが、まともなベビーカー作ってくれてたら、こんな変な心配事おこらなかったのに…。と、言いがかり?愚痴?責任転嫁?それとも、当然?な言葉をついつぶやきたくなる今日この頃…。

 

はあ…別居だし、籍いれてないし、まだまだ世間一般のお嫁さんからしたら甘い事例なのかもしれないけど、結婚相手の親族との係わり合いって…しんどい……Il||Li _| ̄|○ Il||Li

|

« P&Gに公正取引委員会が正式に注意 | トップページ | ついでのお豆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1734/5310346

この記事へのトラックバック一覧です: 古い話?~ベビーカーで指切断事故:

» マクラーレン ベビーカー2007最新情報 [マクラーレン ベビーカー2007最新情報]
こんにちは!マクラーレン ベビーカー2007最新情報サイト集を作っています。よろしかったら遊びにいらっしゃいませんか? [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 10時03分

« P&Gに公正取引委員会が正式に注意 | トップページ | ついでのお豆 »