« どこまでも汚いP&G パンパース | トップページ | けんか »

2007年4月 1日 (日)

墓参り

3月31日、墓参りに行ってきた。

1日仕事である。

オヤジ殿も連れていくとのことで、うちの、カットビヤンチャ車では乗れないので、トヨタ、アイシスをレンタする。

8時、オープンと同時に車をもらいにいき、オヤジ殿の家に。

 

赤ちゃん連れの初めての遠出。勝手がわからず、すでに1時間の予定時間の遅れ…。まあ、予定といっても、べつになにか制約があるわけではないけどね。このくらいかな??って思ってた時間とズレたってだけで。

 

兄ちゃん達はのっけから、だるそうに…車でのお出かけの場合、いつものことだけどねぇ…(^-^;;

 

高速だけど、低速道路と化していた道を通り過ぎ、明石大橋をおりて淡路オアシスのサービスエリアに着いたのが1時過ぎ。

丁度昼時、レストランは大賑わい…人の多さにゲンナリしながら、お嬢さんのお世話とご飯を食べて観覧車に乗る。

と言っても、私は高所恐怖症…強風の中だれが観覧車に乗るものか!!

オヤジ殿と兄ちゃん達だけ喜んで乗っていた…。怖…。

 

鳴門大橋から渦見えるかな??と思ったけど、ちょっと判らなかった。潮の加減が悪い時間帯だったかな?桜の時期が一番渦が巻くからついでにみれるかな?と期待してたけど。帰りみれるかな???

 

次男坊は沢山の船が行き交うのを橋を渡ってるあいだだけ、大騒ぎで見ていたけど、陸にあがるとすぐに再び兄ちゃんと一緒にでろ~~ん…とゾンビと化してリアシートでくたばってました。

 

鳴門で高速降りて、お墓を探す。

場所を知ってるのは、オヤジ殿だけ。

事前に「詳しい住所は?」って聞いてたけど、「住所なんか知らん。行ったらわかる」とのことだったのだ…

こっちの身にもなってくれ…。住所が判ってたら事前にルートもっと詳しく調べられたのに。

「鳴門からすぐ。山裾」だけの情報で行けと言う、かなり無茶な注文に答えた旦那もすごかった…。

 

農業用道路?田んぼの間の細い道をくねくねと…住宅の中の細い道路をくねくねと…私が運転してたら発狂しそうなくらい、「あ、ちがうなあ…こっちやったかなぁ…う~~ん…どうやろか…?」とのオヤジ殿の超高性能ボケ老人俺様ナビと、ローカルすぎて殆ど役に立たない車のナビでなんとか検討をつけて1個目のお墓にたどり着く…。

 

旦那、恐るべし。

まったく知らない土地の知らない道、しかも車1台やっと通れる道も平気で突き進む…。

旦那曰く「ま、なんとかなるし、なんとかするよ。車だしね。」

 

…車だから問題じゃいのか????私ならとてもじゃないけど、出来ない。

細い道いって、すれ違いは??行き止まりだったら??と不安が湧くほどのローカルな道だったのだ…。汗。

しかも、乗りなれてないレンタルの車…旦那、凄過ぎ。車の運転に関しては、右に出るもの無しか!!??

 

なんとか行き着いたのは、オヤジ殿のオヤジ殿の弟君。要するに、祖父さんの弟の墓。

軍人さんで、シナで亡くなって…末が絶えてしまったから、兄貴である爺さんの系統で祀っているのだ。

きれいにして、シキビを替えて、お線香と思ったけど強風のため…火が着かなかった……Il||Li _| ̄|○ Il||Li  ごめんよ…。

結局、お線香を火をつけずに供えてきた。

 

続いて、家の墓。

お寺さんだからこっちは「まだ」判りやすい。

再度、住宅の中の細い道をくねくねと通り過ぎ、田んぼの中をお寺まで、まっすぐ続く細い道を。

祖父さんが建てた墓本体は普通だが、墓の占有敷地がでかかった…。

寺の中にメインが1箇所。もうひとつ、小さめの敷地だけのが1箇所。

で、祖父さんの弟の墓と、今住んでる家のそばのお墓…いったい、何個お墓あるねん!?(^-^;;

 

大きい方に先祖の皆様および、祖父さんが入ってるから、周りを綺麗にする。

墓には樹齢50年程のサツキが数本植わってる。さすがに幹が太かった。

祖父さんが墓を綺麗にしたときに植えたらしい。

「敷地に余裕があるし、私は死んだらココ入れるように小さいお墓建てるから」

と宣言しておいた。これで、苗字が変わっても墓所の心配はなくなった。墓石は…その辺の石でいいや(笑) 自作しておくか??

墓をきれいにして、お線香。祖父ちゃんが入ってるから、ココは線香を焚きたい。ちょっと強引に…新聞も燃やしてやっとこさ、線香に火をつけた。

 

兄ちゃん達がマンマンチャンしてる間にお嬢さんのピ~ンチ!!

で、旦那が車にお世話に行った。

ようするに、一抜けた?(笑)

しきたり、先祖供養ウンヌンはメンドクサイもんだし…。

 

そのあと、お寺さんとちょっとお話。

オヤジ殿にとっても十数年ぶりのお墓参り。お寺さんも代替わりしてた、それでも家の祖父ちゃんとオヤジ様のことは覚えていてくれた。

なにやら、お寺さんにかなり祖父ちゃんは寄贈していたようだ。祖父ちゃんの名前の入った石碑まであった。

お寺さんに、時期がきて継ぐ時になったら宜しくと、うちの兄ちゃん達を紹介しておく。

兄ちゃんは神妙にしていたが、次男坊は広い境内を走り回っていた…汗

 

お嬢さんは、ピンチが続いてた。

長旅だし、お疲れがでたのだろう…旦那じゃ収集が着かないくらい大泣き。

オムツも変えて、ミルクもあげて…でも飲まない。

困り果てて、連れてくる。一応泣き止んでるけど、べそっかきの顔のお嬢さん。

私が抱くと、それまでベソかいてたお嬢さんはニッコリ笑顔。

…かなり嬉しい…。私じゃなきゃ駄目なのね♪

 

墓参りついでに所有している山を見に行くと、次男坊が「この山、僕がもらうの!虫を取りにくるねん!」とのこと…。

広さはかなりあるけど、田舎の田舎の山奥の山…売り払ったって、車1台の値段になるかならないか…とのこと。

まあ、虫取りぐらいしか出来ないかなあ…とは思うけど…。

いいけどさ。ドコに泊まるの?ログハウスでも建てるか?…夏休み、ココに遊びに??嫌だぞ。交通手段は自分で考えろよ…と、ひそかに思う母であった。

 

帰りも、グズリ気味のお嬢さん。なだめて、なだめて、遠路はるばる、来た道を帰る…。途中、観覧車にのったサービスエリアの反対車線のほうで晩御飯を食べ、お土産も買う。

なんだかんだで、オヤジ殿送って、自宅に帰るまで、出発から15時間程経っていた。

 

全て、一人で運転をした旦那。しんどくないのか????帰ってからも比較的平然としてるのが…人間技じゃねーーー(^-^;;

私は…疲れたわ…。ほんま。乗ってるだけだったけど。

 

今度は、泊まりで行くべきだな。温泉入って、ゆっくりして。

オヤジ殿が日帰りで行けるって行ってたけど、泊まるべきだろう。赤ちゃん連れなんだから。

今度はオヤジヌキで行く。んじゃないと、お嬢さんのペースがめちゃくちゃになる…。

 

「これだから、男は…。ちっ!!」  

 

…まあ、今回の遠出墓参りの感想はコレだな。うん。

もっと、ゆっくり色々見たかった…。窯元もあったのに…。

女は色々ゆっくり見たい生き物なんだ…。トンボ帰りなんて…コリゴリ。

|

« どこまでも汚いP&G パンパース | トップページ | けんか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1734/5931458

この記事へのトラックバック一覧です: 墓参り:

« どこまでも汚いP&G パンパース | トップページ | けんか »