« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月26日 (土)

休日

今日は土曜日。お仕事休みだったけど、午前中だけちょこっと仕事。

がんばらないとね。

でも、がんばりすぎも、途中で息切れしちゃうから、ほどほどに。

コツコツ、細く、長く、やっていこう。

夕方、お母さんが来るって。お嬢さんを見に来るって。

徹夜マージャン明けの旦那と保育園帰りのお嬢さん。

今は、お昼寝中だけど、その間に部屋片付けないとね~。

洗濯も2回目してるし、もう終わる?

さて、もうひとふんばり。いたしましょうか(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

書きなぐり~

風邪です。

死んでます。

頭痛いわ、喉痛いわ、くしゃみは出るわ、セキは出るわ…

最悪です。

でもまあ、なんとか、やってます。

仕事もしんどいけど、そっちもボチボチ。

旦那もしんどいけど、そっちもボチボチ。

まあ、なるようになるでしょう。

先のこと、気をもんでもしょうがない。

目標を持とう。

まずは、お母さんに100万円あげれるように、溜めること。

お姉ちゃんトコに半同居する予定なんだって。別棟建てるから。その援助。

少しでもしてあげたい。たとえ建てるときに間に合わず、後に渡すことになってもね。

仕事もね。いまとても良くしてもらってるから、恩を裏切らないように。精一杯努力したいと思う。

できたら、今年末にはフルート教室にも戻りたい…。頑張って仕事しないとなぁ…(^-^;;

あとは、痩せよう(^-^;;

もちょい痩せて、人間になろう。

そうしたら飲み屋にでも働きにいけるだろうし、100万貯まるのも早いだろう。

とゆうことで、和食をメインにがんばろー。

体にもいいしね。ちょっとお財布に痛い気はするけど…ダイエット食品買うよりは優しいとおもうし(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月21日 (月)

ハスキーボイス

風邪を引きました。

喉をやられて、声が出ない…汗

やばいっす。

声がでなきゃ、仕事にならない。

しゃべりにくいったら、ありゃしない。

ちょいと熱もあるので、ぼ~っとしてる。

大ボケはかまさなかったけど、少ボケはかましてしまった…汗

明日に響くな…汗 汗 汗…。

 

季節の変わり目、風邪をひきやすいです。

体調管理は自己責任。

きっちり管理しなければ。

仕事。しないと駄目だしね。

 

がんばろー☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝れない…

風邪引いてて喉いたくて、疲れてるはずなのに、なんか寝れないーーー。って、昼寝してるからだね(^-^;;

 

はううう~~

人間不信 男不信 はぁ…。まあしょうがないか。

オヤジにしろ、いとこ(義兄)にしろ、元旦那にしろ、今彼にしろ…

安心して甘えられる男に会ったことが無い。

安心して甘えられるのは母親だけ。

 

色々あって、人間不信。

信じられないってのはすごく寂しい人生なのかもしれないけれど、せめて自分にルールを作った。

 

お母さんは信じる。

子供達は騙されるの覚悟で。それでも信じよう。そして守ろう。

 

この2つ。

 

守れるなら、あながち寂しい人生じゃないかもしれない。

信じ、守れるものがあるのだから。

うん。

 

そして思うのだけど、今彼とゆうか今旦那とゆうか…自分の中の順位としては「息子」とゆう扱いってゆうのがフィットする気がする。

頼って守ってくれる存在じゃない。

しかたないなぁ…って感じで、呆れながらも許してる。

うん。兄ちゃんや次男坊に対する感情とさして変わりない。

 

まあ、そんなものか。

それでいいや。

信じない。誰も。

 

でも、裏切られてもいいと思える人はいてるから。

お母さんと子供達。

うん。

まあ、幸せな人生なんじゃないだろうか?

小さなポワポワ赤ちゃんを3人。抱っこできたのだから。

 

さあ、明日も頑張ろう。

人間なんて、全て敵。

自分以外は全て敵。

それが普通なのだから。

その中で、守りたいものだけ守って生きよう。

それがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月20日 (日)

ペッパーランチと在日とヤクザ立てこもり事件

巨大掲示板2chから、興味深い抜粋…

 

ペッパーランチ報道で疑問に思うこと

01 9日に発生した事件なのに報道は16日、マスコミは本当に事件を知らなかった?
02 現時点では2人だけなのに「北山大輔ら2人」とテロップする報道有り
03 ペッパーランチ社長のコメントばかりで犯人のコメントや供述報道は一切無し
04 顔写真は店長である北山大輔の中学生時代だけ、三宅正信は名前のみ
05 犯人の近隣住民の証言が一切出てこない、ペッパーランチ現場周辺の一般人証言のみ
06 犯人の学生時代の友人の証言が一切出てこない、文集晒しや将来の夢晒しも無し
07 犯人の家族もしくは親族の証言が一切出てこない
08 犯人の移送や護送の映像が一切出てこない
09 「事件発覚前に全裸の女性が・・・」という噂があるが触れられていない
10 現在調査中かもしれないが、睡眠薬とスタンガンの詳しい入手経路が報道されていない(ネット購入だけ)
11 突撃好きなマスコミなのに貸しガレージの現場中継や賃貸情報、貸した人の証言が一切報道されていない
12 NHKは1回報道したらしいが、以後完全スルー
13 突然、マスコミが続報をやめたのは何故?立てこもりで吹っ飛ぶような事件じゃない(ブロキャスで少し放送)
 

 

ペッパーランチの大株主としての責任あり … 吉野家 

反社会的企業ペッパーランチをテナントにしている …

イトーヨーカドー  イオン   ヨドバシカメラ

 

北山でも良いけど、三宅の親父を当ってご覧。

次は立てこもりの大林のかつての親分格の人を調べてご覧。

で、この二人が同格の義兄弟分になっている。
陰謀説が出るのも当然かもね。

後、ついでだけどある企業が背後にちらつく。

会長を逮捕し5代目を引退させて現行では手打ちになってるんだが、
さすがにこのような事件が出るとそうも言ってられず、だから府警は黙ってたんだが、こんなときに限って緘口令も引けず、
肝心なときにマスゴミは背後関係知らずに報道してしまった。(背後関係わかってりゃマスゴミは報道しなかった。)

マスゴミも一度このようなショッキングな事件を報道してしまうと後に引くことが出来ず、他にデカイ事件がでて流れてくれるのがと思っていた。
そこに今回の立てこもり事件。

疑惑はこの辺りにあるンよね。

 

以上、抜粋でした。

こうゆう興味深いHPもあります。参考までに

 http://karutosouka1.hp.infoseek.co.jp/index.html

 

やっぱり、半島の方々には、故郷に帰ってもらいましょう。

それ以外ないでしょ。彼らたちも日本が嫌いみたいだし。日本人も迷惑してる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月17日 (木)

おかーさん

おかーさんが心配して℡してきた。

なんとなくね。今回の喧嘩はただでは済まない。と思ったから。

ショック受けないように、おかーさんには「今、旦那と喧嘩してるねん」と伝えておいたのだ。

初めてかな。8年一緒にいて。喧嘩したことおかーさんに言ったの。

青アザできてても、眼球に出血痕あっても、青アザがなおってきてて、黄色くなってても…その状態でおかーさんに会っても、私は何も言わないし、おかーさんも何も言わなかった。

今回は…言ったから。

「どうなん?」

だって。いつも心配かけてごめんね。

色々話して、おかーさんは最後にこう言ってくれた。

「まあ、自分で人生切り開いていかなければいけないからね。しゃんとして子供育てていけるなら、なにも言わない。あとは自分が良い様にしなさい。」

だって。

うん。しゃんとしていくよ。

しんどい仕事だけどね。

頑張るさ。

まあ、喧嘩が落ち着いて、前とかわらず一緒にいれるのなら、それが一番いいけどね。

やっぱり好きだし。だから今まで一緒にいたしね。うん。

 

まあ、なるようになるでしょう。

全ての出来事は意味があるから。

そうなるんだったら、そうなるし。

そうならないのなら、そうならないんだろう。きっと。

 

さて、お風呂はいるかな。

ゆっくりと。

お嬢さんが寝てる間にね。

うん。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月16日 (水)

ちょっと浮上

ブルーな気分が続いて、5月病なねこむしだけど、ちょっと浮上かな。

 

色々あるけどね。

 

今、旦那?(彼氏)と喧嘩中。

理由はいつも同じ。些細なことがきっかけで。

私は一緒になってからの8年で見限った。

「これ以上は望まない」

「現状で満足すること」

「いつ別れることになっても良いように準備すること」

 

旦那?(彼氏)が私(と私の子供)を守ってくれないのなら、自己防衛する必要があるでしょ。

「守ってくれない」人に、誰が心から頼れる?

一歩引いて、身に危険が及ばないように、及んでも最小限で済む様に。

赤ちゃん生むときも、一人でも子供3人育てられる。と、思ったから作ったし。初めから旦那?(彼氏)は当てにしてない。

もちろん、一緒にいてくれたらお金も少しはもらえるから助かるけどね。これは事実だけど。

でも、旦那?(彼氏)からのお金が無くてもやっていける!!と思ったから産んだし。

男からしたら、寂しいだろうね。

判るけどね。でも、こっちも守らなきゃいけないものがある。

「不確かなモノ」に全部あずけることはできない。

 

この考えが私の基本にあるから、非常に些細なことでも、旦那?(彼氏)に頼ることは少ない。

で、

「置いといて。あとで私がするから。」

となる。

で、旦那激上。

で、私

「ああ、やっぱりね。小さな男。くだらない。」

と、ますます冷める。

エンドレス。

 

頼れない。と読んだから、頼らない方向に行くのがおかしいか?

 

頼って欲しければ、それなりの安心感を与えろよな。

 

信じられないんだよ。

残念ながら。

 

先に信じろって?

もう無理。

始めは信じてみようと思ったけど、背中にしょってる「守らなきゃいけない者」のこと考えたら、無謀なことは出来ない。

だから、頼りきらず、一歩引いて、観てる。

 

仕事。乳児かかえてても、拾ってくれたところがあるから、がんばってみようと思う。

正社員。

かなりしんどい職種だとは思うけど、先輩がいてるから。

同じように、一人で働いて、子供を大きくしていった人が。

甘えを捨てて、頑張れば、できるかもしれないから。

だから、頑張る。

 

前の職場に帰りたいけど…パートじゃあね。福利厚生最悪だったしね。

夢では食べていけない。

命があって…定年して、まだ夢とお金があるならば、そのときに、夢であるお店を持とう。

小さくて、美味しくて、可愛らしいお店。

その時まで、頑張ろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月 8日 (火)

お家のコト

捨てたい。

父親を。

祖母を。

捨てたい。

重い。

なぜ、見捨てられないのだろう?

姉みたいに。

切てしまえたら、楽なのに。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月 7日 (月)

妊婦さん

旦那の友達の奥さんに赤ちゃんがもうすぐ生まれるそうで…

色々教えて欲しいと、家に来た……Il||Li _| ̄|○ Il||Li

知らない人はしんどい。

旦那の友達の嫁さんとゆうことで、ムゲにもできない。

お金が無い…ってのことだったので、多少あまってたベビー用品をそちらに譲る。

オークションで売ろうかな…って思ってたものもあったけど、まあいいか…。

もう少し早くウチに相談に来るって言ってくれてたら、売らずに置いておいたのに。(すでに、かなり売った後だったから、たいしたの残ってなかったし。)

初めてのお産で、不安だらけの奥さんに、色々アドバイス。

ノイローゼ気味だったようで、気持ちがわかる私と話して、少し楽になったみたいで良かった。東京から来たばかりで、お友達もまだ居なくて、頼れる人もいなくて、心細かったんだって。

精神的に病んでる私なんかが役に立てて…なんか、うれしいけど、変な気分。

色々話も弾んで、ミルクはドコの使ってるとか、どんな特典があるとか…もちろん、オムツの話にもなった。

悪名高き、パンパース…。詳細を言ってもよかったけど、あまり言うのも良くないだろうと、「パンパースはポイントついてるけど、ネットで応募しかできないし(その夫婦はPC持ってない)、高いし、品質的には少し安いグーンのほうが良いって言ってる人もいてるよ」と、やんわりと、お勧めできないことを言っておいた。

グーンならポイント集めたらグッズもらえるし、肌触り最高だと思うし。

メリーズや、ドレミのいいところも言っておいた。

 

お金なくても、ちゃんと式して新婚旅行に行ったんだって。いいなぁ…。

すごく羨ましいや。

ねこむしは、そうゆうのに、縁が無い人だから…

そうゆうの考えたらブルーにまたなっちゃうんだけど、赤ちゃんを迎えようとしてる人ってとっても幸せそうで「よかったね」って、こっちも嬉しくなるね。

 

ねこむしは…もう、そうゆうの、あきらめてるから。

兄ちゃん達がいて、お嬢さんがいて、それで幸せ。

うん。

自分が花となることはなくても、土であり、水であり…。

花となる、兄ちゃん達や、お嬢さんを支える者として、ささやかな幸せがあるから。

いいんだ。

うん。

 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年5月 5日 (土)

ゆっくりと

天気の良い日が続いたね。

明日は雨らしい。

のんびり、ゆっくり、緑道を散歩する。

ツヅジが咲いて、タンポポも沢山咲いて。

緑の葉がすっごく綺麗。

お嬢さんとゆっくりお散歩。

ジョギングしてる人、散歩してるひと、買い物に行く人…すれ違うときにちょっと、首の後ろがゾワゾワする。

それでもやっぱり、お散歩は気持ちいいし、落ち着くし好き。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »